リサーチ
琵琶湖・淀川流域水環境情報
水環境保全対策の検討
水質浄化技術の開発(Biyoセンター)
イベント
BYスタンプラリー
WAQU2(わくわく)調査隊
シンポジウム
コミュニケーション
BYQネットワーク
リンク集
機構概要
情報公開
出版物
サイトマップ
サイトポリシー
お問合せ
アクセス
 
■ サイト内検索






 
私達は、『海と日本プロジェクト』推進パートナーの一員です。

TOP水質保全研究助成>平成31年度(令和元年度)水質保全研究助成成果報告会

平成31年度(令和元年度) 水質保全研究助成 成果報告会


●平成31年度(令和元年度) 調査研究&水質保全研究助成 成果報告会 開催のご案内

令和2年3月25日(水)に『平成31年度(令和元年度) 調査研究 & 水質保全研究助成 成果報告会』を開催します。

・参加をご希望の方は、令和2年3月18日(水)までにお申込みください。
・お申込み多数の場合は先着順となりますのでご了承ください。
参加無料



日  時
令和2年3月25日(水) 午後1時~午後3時30分 ※午後12時30分より受付開始
場  所
大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)5階 特別会議室
申込方法
こちらの参加申込書に必要事項を記入し、下記のあて先に申込みしてください。
→ 開催のご案内は こちら からダウンロードできます。

※会場内で撮影した映像、写真はWEBサイトや印刷物で広報用に使用する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

<申込み・問い合せ先>
 
公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構 総務企画部 成果報告会担当
〔 電 話 〕
06-6920-3035
〔ファックス〕
06-6920-3036
〔Eメール〕
hozenkiko@byq.or.jp

  プログラム
 
開会挨拶
時間
13:00~13:05  (公財)琵琶湖・淀川水質保全機構 理事長 髙木 浩文
 
調査研究報告
時間
13:05~14:00  『Biyoセンターにおける研究の取組みとその後の展開について』
       (公財)琵琶湖・淀川水質保全機構 琵琶湖・淀川水質浄化研究所副所長 和田 桂子
 
研究助成成果報告
時間 研究テーマ 団体及び発表者 研究分野
1 14:10~14:30 湖沼における細菌由来溶存有機物の寄与:鏡像異性体バイオマーカーを用いた定量法の確立 滋賀県琵琶湖
環境科学研究センター
研究員 山口 保彦 氏
新たな富栄養化の課題・視点や異臭味の発生に関する調査研究
2 14:30~14:50 臨床領域で対策が求められている薬剤耐性菌の河川環境中における動態 大阪薬科大学大学院
薬学研究科
助教 東 剛志 氏
安全で安心な水のための健康リスクに関する調査研究
3 14:50~15:10 消毒副生成物前駆体としての琵琶湖・淀川水系における超親水性溶存有機物の存在実態 京都大学大学院工学研究科
准教授 越後 信哉 氏
講評
時間
15:10~15:25  (公財)琵琶湖・淀川水質保全機構 学術委員長、琵琶湖・淀川水質浄化研究所長 津野 洋
閉会
※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  会場へのアクセス
ドーンセンターへの地図
【ドーンセンター所在地】
住所:大阪市中央区大手前1丁目3番49号
電話:06-6910-8500
●電車でお越しの方
  • 京阪「天満橋」駅 東出口から地下通路を通り1番出口より東へ約350m
  • 地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出口より東へ約350m
  • JR東西線「大阪城北詰」駅2番出口より西に約550m
●車でお越しの方
  • 阪神高速道路東大阪線「法円坂」出口を出てすぐの交差点を左折し、上町筋を北へ約5分
  • ドーンセンター立体駐車場:30min/200円(普通車のみ・92台)

  チラシ、参加申し込み用紙のダウンロード
〔表〕
概要、プログラム
〔裏〕
申込用紙

<申し込み・問い合わせ先>
  公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構 総務企画部 成果報告会担当
pictgram_phone 電話 06-6920-3035
pictgram_fax FAX 06-6920-3036
pictgram_pc E-Mail hozenkiko@byq.or.jp




ページTOPへ